漢方薬と副作用

漢方薬と副作用

漢方薬とは、生薬を複合して生成されます。

生薬とは、植物や動物または鉱物などの天然物の全部や一部を簡単に加工して
薬用に用います。漢方薬はそんな生薬を複合することで、その処方の中には
多くの成分が含まれることになります。

その為、ひとつの処方で多くの症状に対応することができるというメリットが
あります。また複数を組み合わせることにより、薬の効果の増減を調整したり
副作用を緩和する目的があります。

なので漢方薬は副作用が比較的少ないのです。
また漢方薬の特性としては、体が本来もっている自然治癒力を高めることで
バランスをとり、改善を促進する作用があります。

その点が西洋医学とは大きく異なる点でもあります。

また漢方薬は証にあった処方を使用すると言われています。
証とは、漢方独自の用語で病人が示す様々な状態のことをいうそうです。

つまり同じ症状でも違う体質の人には違う漢方薬が処方されたりします。

また漢方薬には未病という考え方があります。
未病とは、検査しても病気ではないが、健康でもない状態だとか自覚症状が
あるけど原因がわからない状態に対しての治療に対して効果的だと言われています。

このように漢方薬には西洋医学とは異なる性質があります。

製品成分